用語集

あ行
アセスメント
介護保険制度の下、入居(検討)者の問題の把握分析から介護サービス(援助活動)の決定までの事。具体的には、入居(検討)者が何を求めているのか正しく知り、生活全般の中のどんな状況から生じているかを確認すること。
一割負担
介護保険制度の下、入居(検討)者の問題の把握分析から介護サービス(援助活動)の決定までの事。具体的には、入居(検討)者が何を求めているのか正しく知り、生活全般の中のどんな状況から生じているかを確認すること。
▲ ページトップへ
か行
介護給付
介護給付介護保険制度で介護認定を受けた被保険者に提供される介護サービスのこと。
介護居室
有料老人ホームなどで介護サービスを提供する専用居室のこと。
介護付有料老人ホーム
ご入居者に生活サービスと介護サービスを提供し、「特定施設入居者生活介護」の指定をうけた有料老人ホームのこと。
介護福祉士
介護に関する国家資格で身体または精神に障害があって日常生活に支障のある人に食事・入浴・排泄などの介護をし、家族に介護の指導をする職のこと。
介護保健施設
介護保険法による施設サービスを行う施設で、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設(療養型病床群など)のこと。
介護保険法
介護保険制度について定めた法律のこと。加齢による心身の疾病などで要支援・要介護状態になった被保険者に対して在宅、施設介護サービスを行う社会保険制度のこと。
介助
病人、障害者、高齢者など、日常生活行動(Activities of Daily Living)、もしくは動作(例えば入浴、食事、排泄、移動、衣服の着脱など)について、自分で行える度合いの低いものについて援助すること。
機能回復訓練
老化や疾病などによって心身の機能が低下された方が、心身機能を維持回復させるための訓練のこと。
協力医療機関
有料老人ホームが提携している医療機関のこと。(診療科目や協力内容は各ホームによって異なる)
居宅介護サービス
自宅で生活する高齢者や身体障害者に対して、ホームヘルプ・訪問看護・訪問入浴などの在宅サービスのこと。(介護保険制度下では、グループホームや有料老人ホームなども居宅サービスとなっている)
居宅介護支援
生活困難な状態になり援助を必要とする利用者のニーズを明確にし、保険・医療・福祉サービスを受けられるように調整すること
ケアプラン(介護サービス計画)
個々のニーズに合わせた適切な保険・医療・福祉サービスが提供されるように、ケアマネージャーを中心に作成される介護計画のこと。
健康型有料老人ホーム
自立した方が入居できる有料老人ホームのこと。(介護が必要になった場合は退去しなければなりません。)
▲ ページトップへ
さ行
暫定ケアプラン
要介護認定の申請があった日から通知が出るまでの期間、予想される認定結果と支給限度額をもとにつくられる一時的なケアプランのこと。
自己負担額
介護サービスを利用した際の本人負担額のこと。(利用限度額内は、1割。限度以上は全額負担)
施設サービス
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の介護保健施設で受ける介護サービスのこと。
社会福祉士
社会福祉に関する国家資格で、身体的もしくは精神的な障害や環境上の理由によって日常生活を営むことに支障のある人についての相談に応じ、助言、指導、その他の援助を行う職のこと。
住宅型有料老人ホーム
食事などの生活支援サービスを提供している有料老人ホームのこと。(介護サービスを受ける場合は、外部の在宅サービスを受けることが出来る)
重要事項説明書
事業者等が利用者に対し適切なサービス提供の開始に際し、利用申込者又はその家族に対し、運営規定の概要、従業者等の勤務体制、事故発生時の対応、苦情処理の体制等の利用申込者がサービスを選択するために必要な重要事項について、わかりやすく説明した書類のこと。
自立者
要介護認定を受けていない介護保険被保険者のこと。
成年後見制度
判断力が衰えたり、認知症高齢者、知的障害者など自分自身の権利を守ることが十分でない人の財産管理や身上監護を支援する制度のこと。
全国有料老人ホーム協会
有料老人ホームの入居者の保護を図るとともに、有料老人ホームの健全な発展に資することを目的として、有料老人ホームの設置者を会員とする社団法人のこと。
▲ ページトップへ
な行
入居一時金
入居者がそのホームに居住して居室を利用し、そのホームが有する共用施設を契約終了時まで利用する権利を取得するための費用で、その名のとおり、入居時に必要となる費用のこと。
入居時自立
入居時に介護が必要でないこと。(有料老人ホームの入居条件にあげているケースがある)
入居時要介護
入居時に介護が必要なこと。(有料老人ホームの入居条件にあげているケースがある)
▲ ページトップへ
は行
訪問介護(ホームヘルプサービス)
高齢者、障害者、難病患者等を対象に、家庭等にホームヘルパーを派遣し、入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事や生活等に関する相談、助言など日常生活上の世話を行う在宅サービスのこと。
訪問看護
居宅で介護を受ける要介護者・要支援者に、看護師、准看護師、保健師、理学療法士、作業療法士などが訪問して、必要な診療の補助を行うこと。
ホームヘルパー(訪問介護員)
高齢者、心身障害者(児)の家庭を訪問し、入浴・排泄・食事等の保護、衣類の洗濯、住居等の掃除、生活必需品の買い物、関連機関等との連絡、生活・身上・介護に関する相談・助言を業務とする職種のこと。
▲ ページトップへ
や行
有料老人ホーム
常時10人以上のお年寄りが入居され、食事の提供その他の日常生活上必要なサービスを供与することを目的とする施設で、老人福祉施設でないもののこと。
要介護認定
要介護状態区分のいずれの要介護の状態該当するか、市町村が行う認定のこと。
予防給付
要支援と認定された被保険者に提供される介護サービスのこと。
▲ ページトップへ
ら行
リハビリテーション
身体に障害を受けた方などが、再び社会生活に復帰するための、総合的な治療的訓練のこと。
利用権方式
有料老人ホームで居住する権利形態の一つで、居住空間・共有施設及びサービスを利用できる権利のこと。
▲ ページトップへ