TOP > ケアサービス > 健康管理サービス > 新規入居における医療的ケア対応表

ケアサービス

新規入居における医療的ケア対応表

新規ご入居にあたり、医療的ケア(診療の補助)を必要とされる方には、ホーム看護スタッフが主治医と連携を図り、必要に応じて主治医の指示のもとで、ホーム内で可能な範囲で対応させていただきます。
医療的ケアが必要な方のご入居につきましては、下表を参考にしてください。

※入居お受入の可否につきましては、ご本人、ご家族、主治医、嘱託医等と相談させていただきます。
※その時点でのホーム状況やご本人のお身体の状況によっては、お受入れできない場合もございます。
※フェリオは医療機関ではありませんので、施設内における医療処置(看護スタッフが行える医療的ケア含みます)においては、おのずと制限がございます。ご了承ねがいます。

協力医療機関との連携で365日、24時間安心の看護体制

○ お受入れが可能   × お受入れが難しい   △ 個別ご相談ください

名・処置内容
【栄養管理面】
対応 備考
経管栄養(胃ろう/腸ろう) 栄養注入、感染防止、衛生材料の管理を行います。
チューブ挿入・交換等は医療機関受診のうえ対応となります。
なお、頻繁にチューブ抜去がみられる方は受入れ困難です。
経管栄養(経鼻経管栄養) ×
中心静脈栄養(TPN) 在宅管理可能なレベルで、医療機関においてCVポートが造設されていることが前提となります。
インシュリン投与
(糖尿病の方)
自己注射指導管理を行います。その他血糖値の測定、治療食の手配等を行います。
 名・処置内容
【呼吸管理面】
対応 備考
気管切開 在宅生活レベルで医療的管理が常時必要な方で無ければ、対応要相談となります。
カニューレ交換・挿入は、往診または医療機関で行っていただきます。
在宅酸素(HOT) 安静時と労作時、夜間それぞれに必要な酸素量を確認します。
その上で、必要酸素量(流量)が多い場合は、対応要相談となります。
また、少なくとも月に一回、外来、往診等で医師の診察を受けていただきます。
褥瘡 褥瘡予防・管理ガイドラインに基づく保存的治療の状態であれば可能です。
人工呼吸器 ×
筋萎縮性側索硬化症(ALS) ×
痰吸引 口腔・鼻腔からの吸引カテーテル用いての吸引です。
痰吸引については、頻繁・不安定等窒息のリスクが高い場合は受入れ困難な場合があります。
 名・処置内容
 【排泄管理面】
対応 備考
人工膀胱・人工肛門
(ストーマ)
バックの交換、感染防止、衛生材料の管理を行います。
(尿)バルーンカテーテル カテーテル・バックの交換、感染防止、衛生材料の管理を行います。チューブの交換、挿入は医療機関にて対応頂きます。
 名・処置内容
 【その他疾患、症状管理面】
対応 備考
人工透析(HD)
*透析病院での血液透析の場合
透析病院までご自身で通院されるか、又は透析病院の送迎対応で受診される場合は可能です。
ペースメーカー、
植込み型除細動器(ICD)
当該医療機器の異常作動時や点検は医療機関で行っていただきます。
認知症 医師による認知症の診断・所見を基本とします。なお、他入居者に対し攻撃的、迷惑的な顕著な行動(暴力、大声等)がある場合は受入れ困難な場合があります。
看取りケア ご相談ください。
 名・処置内容
 【感染症管理面】
対応 備考
疥癬 ×
肝炎(B、C型) 肝炎・結核・梅毒・MRSAなどの感染症は、要相談となります。
結核
梅毒
MRSA(ブドウ球菌感染症)

○ お受入れが可能   × お受入れが難しい   △ 個別ご相談ください

【注意事項】
・医療処置には医療機関との連携及び情報提供が必要になります。
・感染症に関しましては、必ず事前にご相談ください。受入れ可能な場合も、介護状況により接触・利用制限等が発生することがあります。

※フェリオは医療機関ではありませんので、施設内における医療処置(看護スタッフが行える医療的ケア含みます)においては、おのずと制限がございます。ご了承ねがいます。

ページトップ

見学予約資料請求はこちら